困っている人を助ける|小さいうちからピアノレッスンをさせる意味
婦人

小さいうちからピアノレッスンをさせる意味

このエントリーをはてなブックマークに追加

困っている人を助ける

大学生

資格試験があります

社会福祉士は生活に困っている人の相談に乗って、その人が悩みから抜け出せるように支えていく専門家です。悩みを持っている人に適した、国や新潟でのサービスを教えてあげたり、専門家や仲間を紹介したりします。社会福祉士の資格を取るためには、国家試験に合格しなければなりません。この国家試験は新潟の誰でもが受けられるテストではなく、学校の勉強や仕事を通して福祉の知識や技能をきちんと身につけた人でないと、受けられないテストです。どこで知識や技能を学べばいいかは、人によって違ってきます。四年生の大学できちんと福祉のことを学べば、あとは国家試験に受かりさえすれば社会福祉士の資格を取れます。また福祉系の短期大学や専門学校に行くという道もあります。これらの学校を卒業して福祉関係の相談員や指導員として働けば、国家試験を受ける資格が得られます。

働く場所はいろいろ

社会福祉士の資格を取った新潟の人たちは、様々な場所で仕事を行っています。児童養護施設や福祉事務所、公務員や民間の団体など働く場所は新潟にもいろいろとあります。児童養護施設などは、子供たちが安心して暮らしていける場所であることはもちろんのこと、子供がこの施設を出た後により良い生活を送れるようにする場所でもあります。自立支援プログラムを整えて、子供たちにどんな情報を提供してどんな体験をさせて、どう社会に送り出せばそれぞれより良い人生を歩んでいけるのか、援助の仕方を職員が一緒に考えていくところです。子供たちがこの施設を出て立派な社会人の一人になった時に、社会福祉士として導いてきたことが報われるような感覚にもなります。